起業や独立の前に。会社員がブログを書く7つのメリット

起業や独立の前に。会社員がブログを書く7つのメリット

ブログを書くことには、たくさんのメリットがあります。

私は会社員として保険営業をしていた頃に、ブログを始めました。

今はネットやSNSの発達によって、誰もが受け手側から発信者側にまわれる時代です。

ブログは無料で始めることもできるので、ひとまず小難しいテクニックは抜きにして、とりあえず書いてみるといいと思います。

実名や顔出しだと都合の悪い人は、「顔出しNG」「ニックネーム」でもいいので、気軽にスタートしてみてください。

そこから人生、何かが変わるかもしれません。

ブログが続くかどうかは、後で考えましょう。

そんなわけで今回は、会社員時代からブログを書くメリットについてご紹介します。

 

会社員がブログを書く、7つのメリット

公務員や会社員がブログを書くメリット

会社の中には、個人用SNSやブログでの情報発信を禁する会社もありますよね。

そういうときは、できる範囲でブログを書いてみるといいでしょう。

以下は、私が思うブログを書くことのメリットです。

  1. ストレス発散
  2. 収入源が増える
  3. 気持ちや思考の整理
  4. 予想外のつながりが生まれる可能性を秘めている
  5. 自分の存在を世間に知ってもらえる
  6. ブログを読んでくれる人が増えると、単純に嬉しい!
  7. 読まれるための知識が身に付く

では、順番にご紹介していきますね。

1、ストレス発散

ストレス発散

普段言いたいことが言えない人は、ブログをストレス発散の場に使いましょう。

「私はこう思う!」「うちの会社のここはおかしい」など、主張したいことがある人も、どんどんブログに書くべきです。

案外、自分と同じような不満やグチを抱えている人はいるもので、共感を得られることもありますからね。

  • 仕事のこと
  • お金のこと
  • 人間関係
  • 恋愛
  • 生き方、などなど

特定の個人や企業などの誹謗中傷は考えものですが、書ける範囲で思いきり書くといいでしょう。

どうしても「〇〇さん」「▲▲会社」など固有名詞で文句をいいたいときは、ブログではなく、紙に書いて破り捨てることをおすすめします。

その方が安心ですし、気持ちもスッキリします。

2、収入源が増える

今の仕事の収入以外に、お金を稼ぎたい人もブログをやってみるといいですね。

ブログでPV(閲覧数)を稼げるようになれば、アフィリエイトや広告収入など収益化することもできます。

私のブログも月々400〜500円程度ですが、広告収入が入ってきます。

そう聞くと「なんだその程度か」と思うかもしれませんが、休日に家で寝ているだけなのに、自動的に収入が入ってくるってすごいと思いませんか?

それに、今は健康に働けているとしても、いつ体が動かなくなるかは誰にもわかりません。

少しでも収入源を増やして不労所得をつくっておく方が、将来的にもいいのかなと思います。

3、気持ちや思考の整理ができる

気持ちや思考の整理

頭の中がごちゃごちゃして考えがまとまらないときは、ブログを書くと思考が整理されます。

同じように、気持ちがざわざわしているときも、書くことですっきりしますね。

視覚化することって、大事です。

ブログを書くといっても整理して書こうと思わず、頭(心)にひっかかっていることをポチポチ打っていきましょう。

4、予想外のつながりが生まれる可能性を秘めている

可能性

ブログを書いていると予想外のつながりが生まれることがあります。

個人的にはこれが一番楽しいし、おもしろい。

これこそブログをやっているメリットだなと感じます。

私の場合は、ブログ経由でお仕事の話がきたこともありますね。

ブログの内容はもちろん、職歴や経験などに興味を持たれることも少なくありません。

ブログをやることで自身の可能性が広がり、今の状況が変わるかもしれない。

そんなワクワク感がブログにはあります。

5、自分の存在を世間に知ってもらえる

自分の存在を知ってもらう

「何か事業を起こしたい」「起業したい」となれば、自分の存在を世間に知ってもらう必要があります。

商品やサービス、その他誰かに何かを提供したいときにブログはおすすめです。

ブログを書けば必ずしもいいことが起こるとは言えませんが、情報発信をすることで、多くの人の目に触れる可能性が生まれます。

それと、ブログを書くと情報や内容も伝わりますが、人間性も伝わります。

その人が普段どんなことに興味を持っていて、どんな視点で物事を考えているか、感情が動くときなどです。

たぶん誰かのファンになるときって、たいてい「情報」+「人柄」に魅力を感じたときじゃないかなと思います。

6、ブログを読んでくれる人が増えると、単純に嬉しい!

読者が増えると嬉しい

せっかくブログを書いても、全然読まれないと悲しいですよね?

私も最初の頃はそうで、一日のPV数(閲覧数)がゼロとか普通にありました。

でも、少しずつ記事数を増やしていき、試行錯誤しながら書いていくと、だんだんと読んでくれる人が増えていきました。

そうなると単純に嬉しいんですよね。見てくれる人が増えると、ブログを書いていく励みにもなります。

「自分の書いたブログが誰かの悩みを解決したり、役に立っているかもしれない」

そんな楽しみ方もあるということです。

PV数の目標を決めると、毎日の生活にもハリが出る気がします。

とはいえ、数字を追ってばかりだと疲れてしまうこともあるので、PV数を気にするのは、ほどほどがいいのかなとも思います。

7、読まれるための知識が身に付く

知識が身につく

日記ブログではなく、人々に読ませるブログを書くときには、ある程度のWeb知識も必要です。

たとえば、Googleの検索エンジンで上位表示されるためのSEO対策などがそうですね。

中には「PV数なんか、どうでもいいよー」という人もいると思うので、そういう人は好きなようにブログを書いていけばいいと思います。

だって、基本的にブログは自由なものだから。何でもかんでも収益化や結果に結びつける必要はありません。

趣味で書いていて楽しいなら、それでいいんです。

私の場合は書きたいことも書いていますが、「みんなに読んでほしい」という気持ちがあるので、勉強しながらブログを書いています。

あなたは何のためにブログを書く?

何のためにブログを書く

ブログは基本的に自由なので、どんな風に書いてもいいものです。

ストレス発散が目的で、読まれなくてもいいと思うなら日記ブログを書けばいいですし、収益化を狙うなら読まれるためのブログを書いていきます。

よくブログ論として「一日一記事」「キーワードを盛り込む」などと書かれていますが、そういうのを無視して、書きたいことを書くブログがあってもいいと思います。

自分が楽しめないブログなんて、意味ないですからね。

だから、無理に毎日更新する必要もないと思います。

自分の目的に合わせて会社員や公務員のうちから、どんどんブログを書いてみるといいですね。

【会社員がブログを書く、7つのメリットまとめ】

  1. ストレス発散
  2. 収入源が増える
  3. 気持ちや思考の整理
  4. 予想外のつながりが生まれる可能性を秘めている
  5. 自分の存在を世間に知ってもらえる
  6. ブログを読んでくれる人が増えると、単純に嬉しい!
  7. 読まれるための知識が身に付く