実はあぶない?天職を探して1つの仕事にこだわること

実はあぶない?天職を探して1つの仕事にこだわること

ほとんどの人が、一度は「天職につきたい」と思ったことがあるのではないでしょうか?

一生この仕事でやっていこうと思えるほど、没頭できるそういう仕事に巡り会えれば、こんな幸せなことはないですよね。私もそうでした。天職を追い求めて、過去、公務員を辞めて専門学校に入学したわけです。

天職を追い求めること自体が悪いとは思いませんが、これからの時代思うのは、ひとつの仕事にこだわることは危険ではないかということです。

私は初め、独立して自然体験や子ども教育を一生の仕事としてやっていきたいと思っていましたが、現在ではwebライターの仕事もしています。ブロガーとしてもやっていこうとしています。

そんな二足、三足のわらじを履く生き方についてご紹介したいと思います。

 

ひとつの仕事だけでやっていくのは厳しい

よく会社は起業後3年以内に倒産するといわれます。この数字が大きいかどうかは今おいておくとして、何が言いたいかというと、変化していけない会社はダメになっていくということです。おそらくこのことは、個人にもそのまま当てはまるのではないかと思います。

ひとつの天職、ひとつの仕事を探して、それだけでやっていこうとするのは、会社でいうと、ずっと同じひとつの事業しかやらないということです。これがどういうことを意味しているかというと、通信会社でいえば、スマホが主流になった今の時代になっても、ずっとポケベルを作って売り続けるようなものです。この商売が時代のニーズに合っていないのは誰の目からもても明らかだと思います。

こんな風に会社の事業でいうとわかりやすいのですが、これが個人の話になると途端に見えづらくなります。だからむずかしいんですけどね。

 

複数の仕事を本業にする

私はいま、自然体験指導者、webライター、ブロガーなどの活動をしていますが、初めは自然体験指導者のみでやっていきたいと思っていました。ですが、今は複数のことをやっているわけです。ときどき「一体、どれが本業なの?」といわれることもありますが、私からすれば「すべてが本業」です。

バブル崩壊前の終身雇用制度がしっかりしていた時代であれば、ひとつの仕事でやっていくこともできたのかもしれません。

ですが、先行きが不透明で、次にどんな変化があるかわからないこの時代にあっては、ひとつの仕事にこだわらない人のほうが生き残っていけるはずです。ひとつの仕事にこだわってしまうと、「これが私の天職」と決めた仕事が3年後にはなくなっている可能性もありますからね。

 

天職ではなく自分の強みをベースにする

そのためにも、天職といった仕事にスポットを当てるのではなく、自分の強みを探していくほうが賢明ではないでしょうか。強みというとなんかすごい才能のように感じますが、そればかりではなく、たとえば、人と話すことであったり、家にジッとひきこもることであったり、深く考えることであったり、そんなことが実は「強み」であることがあります。そういう自分の中に眠るカケラを集めていくことです。

 

まとめ

いまの時代、天職やひとつの仕事にこだわるとどこかでコケてしまう可能性があります。大手企業ですら倒産する時代なので、個人レベルで考えたやりたい仕事や天職なんて、あっという間に時代のニーズに流されてしまいます。だからこそ、複数の仕事を持ったり、天職ではなく自分の強みを探したりすることにフォーカスすると、生きるのが楽になるのではないかと思っています。