あせるから仕事でミスをする。落ち着く。そして急ぐ。

あせるから仕事でミスをする。落ち着く。そして急ぐ。

あせらない。落ち着く。そして急ぐ。

あせらずに、急ぐ。
「あれもやらないといけない」「これもやらないといけない」

いつも焦燥感にかられている状態は、体に悪いです。そしてミスも多くなります。

その結果また、「どうしよう、、どうしよう、、」とあせります。完全に悪循環です。

 

とりあえず、深呼吸しましょう。落ち着きましょう。一口でいいので、コーヒーでも飲みましょう。

 

落ち着いている場合じゃないのは分かります。でも、あせっていると状態というのは周りが見えていない状態です。そこでむやみにあれこれするよりは、落ち着く努力をした方が結果的には早いです。

熱くなった頭をいったんを休めて、冷静になりましょう。

そして今、自分は何をすべきなのか、その優先順位「第1位」を考えるのです。

 

気持ちは紙に書いて整理する

気持ちが、落ち着かないときは紙に書くのがいいです。
ごちゃごちゃと頭で考えていることを紙に書いて、気持ちを整理します。

あせっても何もいいことはありません。

むしろどんどん自分を追い詰めていくだけです。

それでも目の前の作業が気になりますよね。でも、私の経験を振り返ると、あせっている時にやることって、必要ない作業のことも多いです。冷静になれば「これ、必要ないじゃん」と思える作業に手を出すことも多々あります。

でも、それは当然です。

何かをやっていないと落ち着かない状態。それが『あせっている』ということなのですから。

 

客観的に自分を見て落ち着く

まずは落ち着きましょう。

ゆっくり深呼吸して、少し周りを見ましょう。

「あーみんな働いているな。いつもの景色だな」そんな感じで、空から自分を見ているように、客観的に自分を見ます。

時間でいえば、ものの2、3分です。
頭がスッキリした状態で仕事をすれば、そんな時間はすぐに取り返せます。

 

あせらず、落ち着く。そして急ぐ。

それだけで、仕事の効率は全然違ってきます。