無料でカンタン!自分の強みと才能を見つけるおすすめ適職診断サイト5選

無料でカンタン!自分の強みと才能を見つけるおすすめ適職診断サイト5選

【更新:2020/4/15】

就職や転職の際、「自分の強みや長所がわからない…」といった悩みは多くあります。

面接で効果的にアピールするためには、何より自分が自分のことをよく知っておかなければなりません。

この記事は、こんな人におすすめです。

・自分の強みや特徴が知りたい
・どんなことに才能があるかわからない
・自分に合った仕事や職種に就きたい

そこで今回は、転職前にやっておきたい「無料でできる適職診断」についてご紹介します!

自分の強みや才能を知っておくと、自分に合った仕事や職種が見えてくるだけでなく、仕事で高いパフォーマンスを発揮できます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

リクナビネクスト グッドポイント診断

グッドポイント診断
リクナビネクスト グッドポイント診断

「自分の隠れた才能」を発見できる、無料適職診断ツールとして有名なのが、リクナビネクストのグッドポイント診断です。

全18種の特徴の中から、「独創性」や「挑戦心」「決断力」など、自分が持っている5つの強みを診断してくれます。

時間は15〜30分くらいで、ただ質問に答えていくだけで結果が出ます。

グッドポイント診断を受けるには会員登録が必要ですが、手軽に自分の強みを知りたいという方や、現在、転職を検討中の方にはおすすめのサイトです。

私も実際にやってみたのですが、私の強みは「独創性」「親密性」「挑戦心」「悠然」「慎重性」でした。

結構当たっているような気がします。

転職に関係なく、心理テストのような感覚でやってもおもしろいですね。

以下は参考までに、私の診断結果と強みの結果です。

独創性

「人と同じではつまらない」あなたはいつもそう考えています。あなたはオリジナリティにこだわりをもち、仕事でもプライベートでも自身が納得できるかを重視します。あなたは、常識にとらわれず広い分野から情報を収集し、興味がある題材が見つかると自分だったらどうするか必ず考えるなど、自身の独創性をより高める努力をし続けます。
周囲の人はあなたのユニークな発想に魅力を感じ、次にあなたが創り出すものを楽しみに待っています。

親密性

あなたは、常に謙虚な気持ちを持って人と接しています。内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません。
相手との距離感が重要と考えるあなたは、知り合って間がない相手に対してまずは適度な距離を置いて接し、互いにとって心地よい距離を探りながら丁寧に信頼関係を構築していきます。「控え目・礼儀正しい」など、評価されることも多いでしょう。
多くの人が集まる場ではおとなしく見られることが多いあなたですが、深い信頼関係を構築できた相手とは互いの思いや内に秘めたパワーをしっかりと理解しあえているはずです。

挑戦心

あなたは理想を追い求めます。常に自身で高い目標を設定し、その目標を達成することにやりがいを感じます。簡単に達成できるような目標や、挑戦しがいのない目標にはあまり興味がありません。成長したいと強く願うあなたは、人から見れば高すぎると思われるレベルの目標に挑戦し、成果を出してこそ達成感や喜びが得られるのです。
どんな場所でも、まず最初にあなたの出した「成果」が注目されるでしょう。その後、徐々に成果の裏にある挑戦する「姿勢」や目標達成に向けた「努力」に対しても、賞賛や支持の声が贈られるようになります。

悠然

あなたは常にゆったりと構え、じっくりと考えたり取り組んだりすることができます。長い目でものごとをとらえ、あせらず気長に進めることが得意であり、目先の小さなことに気を取られて考えが変わるようなことはありません。特に将来のことを考えるうえで、あなたの長期的な視点から生まれる発言や提案はとても参考になるでしょう。
また、悠然とした態度には、周囲の人を落ち着かせ、「改めて考えてみよう・焦って決断してはいけない」と考えさせる効果があります。あなたの精神的なゆとりが、周りの人を落ち着かせるのです。

慎重性

あなたは物事を掘り下げて考え、先々のことまで見通しを立てながら、注意深く課題を進めることができます。目指すもの・状態に対し想定されるリスクを洗い出し、それらを1つ1つ検討し、すべてについて安心できる状態を目指します。ものごとを安易にとらえて軽率な判断を下すことは、決してありません。
周囲の人は、そんなあなたの姿勢に対し信頼を寄せ、徐々に重要なものごとを任せるようになります。あなたはその信頼に応えるべく、より真摯に全力を尽くすでしょう。

マイナビ転職 ジョブリシャス診断

マイナビ転職がディグラム・ラボとコラボ企画して、期間限定でやっている適職診断「適職をディグる!ジョブリシャス診断」です。

ジョブリシャス診断

ジョブリシャス診断は、会員登録なしでも受けられます。

ただし会員登録なしの場合は、途中結果までしか見られないので、やっぱり会員登録した方がいいですね。

私も結果が最後まで出ないことは、やってみてからわかりました….。

診断は「診断スタート」のボタンを押せば、その場ですぐにスタートします。

自分の強みや弱み、適職について簡単にわかるのがいいですね。

全20個の質問に答えると、27のジョブタイプの中から自分に合った適職を教えてくれます。

所要時間は、5〜10分くらいです。

説明もちゃんとしていて、楽しみながらできる適職診断です。おもしろい。

私のジョブタイプは、「柔軟で安定感抜群の天才軍師」でした。

参考までに、「会員登録なしver.」の全文を載せておきます。

上司を支えるクールな頭脳!
柔軟で安定感抜群の天才軍師

歴史上、英雄と呼ばれる人の傍らには、必ずその活躍を支える軍師や参謀タイプの優秀な人物がいるものです。まさにそうした役柄がうってつけのあなたは、その優れた洞察力とサポート能力により、いつでもリーダーから求められている存在。

真面目で論理的、いつでも冷静沈着。合理的な判断ができるタイプですから、秘書などのリーダーを支える仕事に就くと、その強みは存分に発揮できるはず。

常に落ち着き払った態度でいることが多く、そのことが激情型の人から不興を買うことも。あなたの良さを理解して、必要としてくれる優れたリーダーとの出会いがカギとなるでしょう。

これだけ褒められると悪い気はしませんね。

私自身、サポート役に回りたいわけではないですが、自分の考えや分析力を使って状況を改善したいという欲求はあるので、意外と当たっています。

16Personalities 性格診断テスト

適職診断とは少し違うかもしれませんが、自分の強みを把握するという意味では 16Personalities もおすすめ。

もちろん、これも無料です。

面倒な会員登録などがなく、すぐにテストを受けられます。

16Personalities

簡単な質問に答えていくだけで、全16ある性格の中から、あなたにぴったりの性格タイプを教えてくれます。

性格タイプは、『分析家』『外交官』『番人』『探検家』の4パターンです。

さらにそこから細かくわかれていき、全16タイプという結果になります。

診断にかかる時間は、10分くらいです。

診断前の指示で「12分以内に終わらせてほしい」ともあるので、だいたいこれくらいの時間になるみたいですね。

診断の分析結果が文章だけでなく、グラフと「%」を使った図で表示されるのも良いですね。わかりやすいし、おもしろいと思います。

実際にやってみたところ、私は『外交官』の「主人公」タイプでした。

診断結果はすべて載せるとかなりが長くなってしまうので、以下には、抜粋した本文を載せておきます。

16Personalities

主人公型の人達は、天性の指導者で、情熱とカリスマ性に溢れています。全人口の約2%を占めていて、多くの場合、政治家やコーチ、教師として、人々が目標を達成し、世界に貢献できるよう手を差し伸べて励ましています。生まれながらに持つ自信で周りに影響を与え、自身の成長と地域社会の改善に向けて力を合わせるよう、人々を導くことに大きな誇りと喜びを感じています。

主人公型の人達は、誠実で思いやりがあり、言ったことは必ず実行します。先陣を切ったり、人々に熱意を伝えながら、皆をまとめて鼓舞したりすることに、何よりも喜びを感じます。

著名人

オバマ元大統領と同じって、なんとなく誇らしい気がしますね。なんとなくですけど。

出てくる有名人はみんな海外の人ばかりなので、もしかしたらあまりピンとこないかもしれません。

でも、知っている有名人と自分が同じタイプだと、なぜか自分まですごくなった気がします

いい仕事ミイつけよう診断 (女性向け)

女性のための転職サイト「女の転職@type」で受けられる、いい仕事ミイつけよう診断 (職業・適職診断テスト) 。

女性のための転職サイトというだけに、質問項目も育児・出産後の働き方に関することなど女性目線となっています。

女の転職 適職診断サイト

このサイトの特徴は、診断の最後に自分の経験職種を入力することで、自分に合った適職を選んでくれることです。

ちなみに会員登録などは必要ないので、男性でも受けられます。

ただ質問には、出産のことなど男性では答えられない質問も入っているので、テスト結果があまりしっくりこないこともあります。

その意味で男性の方は、テスト結果を参考にするくらいでちょうどいいかもしれません。

私(男)も一応やってみたので、参考までに結果を載せておきます。

経験職種が「一般事務・庶務」のあなたが活かせるスキルは
【事務処理能力】【コミュニケーション力】【ビジネスマナー】です。

一般事務・庶務は、主に資料の作成・ファイリング・データ集計・来客の対応などをする仕事です。 そのため、一般事務・庶務を経験したあなたには、パソコンを使っての事務処理能力はもちろん、電話対応や来訪者対応など直接お客さまと接する中で培われたコミュニケーション力やビジネスマナーが備わっています。 これまでに身に付けたビジネスマナーや高いコミュニケーション力は、営業職やサービス・販売職でも活かすことができるでしょう

「一般事務・庶務」のあなたが経験を活かせる職種は

  • MR(医療情報担当者)、医療機器・医薬品営業
  • 接客・販売(コスメ・化粧品)、美容部員
  • 一般事務・庶務
  • 法人向け企画営業(BtoB)
  • 営業事務、営業アシスタント・サポート

経験職種が「個人向け企画営業(BtoC)」のあなたが活かせるスキルは
【ヒアリング力】【課題発見力】【コミュニケーション力】です。

個人向け企画営業(BtoC)は、お客さまが抱える課題の解決方法を提案する仕事です。 そのため、個人向け企画営業(BtoC)を経験したあなたには、お客さまの抱える課題を聞き出すヒアリング力と課題発見力が備わっています。 また、お客さまとやりとりをする中で培われたコミュニケーション力も重要なスキルです。これらの能力は、対個人向けに何かを提案する仕事や、相手の気持ちを先回りして考えることが必要とされる仕事で重宝されるはずです。

「個人向け企画営業(BtoC)」のあなたが経験を活かせる職種は

  • ルート営業、代理店営業・パートナーセールス
  • コールセンター運営、スーパーバイザー(SV)
  • 接客・販売(コスメ・化粧品)、美容部員
  • キャリアカウンセラー、人材・派遣コーディネーター
  • カスタマーサポート、オペレーター

経験職種が「ライター・記者、編集・エディター、出版関連」のあなたが活かせるスキルは
【対応力】【調整・折衝力】【コミュニケーション力】です。

ライター・記者、編集・エディター、出版関連は、社内外のさまざまな人とやり取りを繰り返し、制作物を完成まで仕上げていく仕事です。 ライター・記者、編集・エディター、出版関連を経験したあなたには、全体の流れを見て、効率よく仕事を行えるように段取りを考える対応力や、スケジュールを統括するための調整・折衝力、依頼された意図をきちんと把握するために必要なコミュニケーション力が備わっています。社内・外問わず多くの人との調整をする職種や効率よく処理をする能力を活かした職種で活かしていけるでしょう。

「ライター・記者、編集・エディター、出版関連」のあなたが経験を活かせる職種は

  • Webディレクター、Webマーケティング、クリエイティブディレクター
  • オープン・Web系:システムエンジニア(SE)、プログラマー(PG)、アプリ開発
  • インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー、空間・店舗デザイン
  •  制作進行管理 
  • アートディレクター、コピーライター、イラストレーター

診断結果として選ばれる職種は、前職のスキルや活かしてきたスキルに限定されるようです。

これからまったく別業種に転職しようとする場合には、あまり参考にならないかもしれません。

「自分の強みやスキルを確認する」という点で、おすすめのサイトです。

適職診断(キャリアインデックス)

株式会社キャリアインデックスがやっている無料の適職診断です。

自分の性格と傾向から仕事における強み、仕事に求めるものまでを総合的に診断してくれます。

適職診断キャリアインデックス

会員登録の必要はなく、39の設問に直感で答えていくだけで、簡単に自分の強みを診断できます。

所要時間は、2〜3分程度です。

キャリアインデックスの診断結果の項目は、大きく3つに分かれています。

 結果の項目診断でわかること
あなたの性格と傾向(強みと弱み)柔軟性、優しさ、淡白、自由奔放、積極的など自分の資質や傾向
ビジネスにおける強み・改善ポイントコミュニケーション、課題発見能力、共感性、サービス指向など仕事における自分の強みがわかる。結果はレーダーチャート(多角形のグラフ)で表示される。自分のどんな能力が、周囲に評価されるのかを知るのに役立つ。
あなたが仕事や職場環境に求めるもの 安定、忠誠、冒険、快楽、報酬、影響・・・など、自分が仕事に求めるもの、逆に求めていないものがわかる。結果はレーダーチャートで表示される。

ちなみに、私が診断した結果は以下のとおりです。

①あなたの性格と傾向(強みと弱み)

強み:人を引っ張るリーダータイプ
弱点:他人のミスを許さない厳格タイプ

仕事柄、人をつかったり、企画進行の指示を出したりするので当たっている気がします。弱点にあった「一般的に友達が出来にくい他タイプ」というのは、自分としてはそんな風に思っていなかったので意外でした。ちょっとショックです。

② ビジネスにおける強み・改善ポイント

強み:コミュニケーション
改善ポイント:共感性

話すことや文字を書くことで、人を動かすのに長けているということでした。自分の中でコミュニケーション能力が武器かなと思っていたので、少し背中を押してもらえた気がします。

共感性については、相手のニーズや気持ちを考えて話しなさいというご指摘でした。自分の思いを熱く語りすぎるときがあるので気をつけたいと思いますね。

③ あなたが仕事や職場環境に求めるもの

求めるもの:評価
求めないもの:調和

人、もの、お金などを動かすことで影響を求め、成果を出す仕事スタイルを好むというのは当たっている気がします。私の中に社会や人、若者に何か価値のあるものを残したいという気持ちがあるからでしょうか。

調和は、人間関係の調和だけを意味するわけではなく、会社のしきたりや既存のやり方にこだわらないことも含んでいるようです。

たしかに今までのやり方が良ければそれに従いますが、どこかに改善点はないか、もっと効率よく出来ないかなどは自然と考えますね。

「忠誠を求めていない」というところも、しっくりきます…。

もっと本格的に強みを知りたい方には「ストレングス・ファインダー」がおすすめ

もっと本格的に自分の強みや才能を見つけたいという方には、ストレングス・ファインダーの本がおすすめです。

私も起業する上で、自分の強みや才能が知りたかったので買いました。

全34の資質から「自分の強みトップ5」を選んでくれる点が、ストレングス・ファインダーの特長です。

強みを知って「はい、終わり」ではなく、「これからどう行動すればいいか」といった強みの活かし方についてもわかります。

ストレングス・ファインダーで診断を受けるには、付属のアクセスコードが必要です。

そのため購入する際は、必ず「新品」を買うようにしてください。

アクセスコードは一回限りの使用なので、中古本だとほとんど使えません。

無駄な出費にならないように注意しましょう。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
created by Rinker

まとめ

適職診断で自分の強みや才能のすべてがわかるわけではありませんが、長所を言ってくれたり、褒められたりすると少し自信がつきますよね。

遊び感覚で楽しく自己分析できるところが、私は好きです。

適職診断を上手に使って、もっと自分を知りましょう!

【診断サイトまとめ】

リクナビネクストのグッドポイント診断

適職をディグる!ジョブリシャス診断

16Personalities 性格診断

いい仕事ミイつけよう診断 (女性向け)

適職診断(キャリアインデックス)