人生哲学

人生哲学

人生では同じような出来事がカタチを変えて起きている

人生では同じような出来事が何度も起きているなと感じます。「試験に落ちた」「好きな人にフラれた」など一見全く違った出来事に思えてもです。本質的には同じような流れに乗っていたりします。
人生哲学

今に幸せを感じて生きる。我慢の先にあるのは、不幸かもしれないから。

「今を我慢したその先に、本当に幸せは待っているのか」について書いた記事です。目標や願望は将来叶えば一番いいのですが、残念ながらそうならないこともあります。「今をいかに幸せに生きるか」にフォーカスしてみるといいでしょう。
人生哲学

「好き」の反対が「無関心」の理由とは?考察のポイントを解説

なぜ「好き」の反対は「無関心」なのでしょうか?対義語としては「嫌い」でも正解のような気がします。「好き」の反対が「無関心」の理由と考察のポイントを解説した記事。
人生哲学

トイレが詰まった。そこから学んだ人生の教訓

トイレが詰まったことで学んだ、人生の教訓についてご紹介しています。日常生活のトラブルも仕事のトラブルも、解決の考え方には共通したものがあります。すべては起きた出来事をどう捉えるかです。
人生哲学

三日坊主でも、やらないよりはずっとマシ

“三日坊主”というと悪いイメージを持たれがちですが、たとえ3日でもやらないよりはマシではないでしょうか? 「モチベーションが続かない」「すぐに投げ出してしまう」ときは、感情よりも意志の力に頼っている可能性があります。
人生哲学

毎日仕事があるのはありがたい。やることのない日々ほどツラいものはない。

会社に勤めていると忘れがちですが、毎日仕事があるのは当たり前ではありません。私はフリーランスになってやることがない日々が続いたとき、そう思いました。仕事には感謝の気持ちと自立心の両方をもって、向き合う必要があります。
人生哲学

アニメ『僕のヒーローアカデミア』は、ただのSF特殊能力アニメじゃなかった

今までアニメ『僕のヒーローアカデミア』は、個性派キャラが活躍するだけのSF特殊能力アニメだと思っていましたが、それは間違いでした。“無個性”の主人公が抱える苦悩や葛藤、キャラのセリフに感動が止まりません。
人生哲学

30代半ばになって、急激に年齢を意識し出した

30代半ばになって、急激に年齢を意識し出したという記事です。若いような若くないような年齢は、20代の頃とは世間の目も違います。26歳で市役所を辞めた筆者が、30代半ばになって感じたこと。
人生哲学

言葉一つで、人は幸せにも不幸にもなれると思う

言葉一つで、人は幸せにも不幸にもなれます。ポジティブな会話だけだとうさんくさい。でも、ネガティブな表現が多いと気持ちが暗くなる。自分が普段使っている言葉を意識して、言葉のプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。
人生哲学

2年間、仕事も私生活もほとんど誰とも会わずに過ごして思ったこと

『2年間、仕事も私生活もほとんど誰とも会わずに過ごして思ったこと』について書いた記事です。Webライターは在宅でできる仕事なので、人に会わなくてもやっていけます。でもその反動からか、無性に外に出たくなる衝動にかられることもありました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました