人間関係・コミュニケーション

人間関係・コミュニケーション

他人にわかりやすく話すには、物事を自分が深く理解している必要がある

誰かに物事をわかりやすく説明するには、自分自身がその物事を深く理解している必要があります。一方的に話すだけでなく、相手の理解度を確認することも大切です。深く理解しているからこそ、簡単な言葉や上手い例えが見つかります。
人間関係・コミュニケーション

美容室での軽い雑談をリラックスタイムにしている

美容室では会話を楽しみたい人もいますが、黙っていたい人もいますし、ゆっくり雑誌を読みたい人もいます。だから、無理に会話する必要はありません。好きなことを気楽に話して、リラックスタイムに変えてしまいましょう。
人間関係・コミュニケーション

大人男子は考える「お父さん」と呼ぶか、それとも「父さん」か。パパは論外

男性は大人になると親の呼び方に迷います。「お父さん」「父さん」「親父」どうするか悩みますが、パパは論外です。でも、急に呼び方を変えるのも恥ずかしいわけです。
人間関係・コミュニケーション

趣味がないなんて嘘。他人とレベルを比べないで。

趣味がないと言っている人は、他人と比較していませんか?費やしている時間が少なかったり、レベルが劣っていたりすると「こんなの趣味と呼べない」と思ってしまいます。でも、趣味は仕事ではないので、他人にどうこう言われる筋合いなんてありません。「なんとなく好きなこと」を趣味で通してしまいましょう。
人間関係・コミュニケーション

ビジネスメールのちょっとした言い回しが気になる

ビジネスメールでの、ちょっとした言い回しが気になるという記事です。内容や情報は同じでも「表現を変えるだけで、もっと印象が良くなりそう」と思うこともしばしばです。
人間関係・コミュニケーション

「それ知ってる」は禁句。言ってはいけないシーンとは?

会話の中で「それ知ってる」と言われて、腹が立ったことはありませんか? たとえ知っている内容であっても、あえて「知ってる」と言わない方が相手も気分がいいし、自分も成長できます。日常で「知ってる」と言ってはいけないシーンについても解説します。
人間関係・コミュニケーション

「怖い話」に学ぶ!人を惹きつける話し方と5つのテクニック

「怖い話」に学ぶ、人を惹きつける話し方と5つのテクニックについてご紹介しています。怖い話は、同じ話でも語り手によって雰囲気や聞きやすさが全然違います。オチがなくても話が成立する理由も解説。
人間関係・コミュニケーション

「人に優しく、自分に厳しく」なんてできない

「人に優しく、自分に厳しく」なるためのポイントについてご紹介しています。「人に優しく、自分に厳しく」することは簡単ではありません。自分のミスや怠惰を許すことと、他人を許すことは関係しています。
人間関係・コミュニケーション

敬語は必要ない?「もしも日本がタメ口だけの国だったら」

敬語は本当に必要なのでしょうか?上司や目上の人には敬語で話さないといけませんが、どこか堅苦しさがあると感じているかもしれません。「もしも日本がタメ口だけの国だったら」、敬語のメリットについても解説します。
人間関係・コミュニケーション

自分の良さがわからない。隠された“強み”を見つける方法

この記事では、自分の長所や強みを見つける方法について解説しています。「自分の良さがわからない」と悩んでいる人は案外多いでしょう。「短所はよく見えるのに、長所がわからない」という人は少なくありません。そんな人には、過去の出来事や会話がヒントになります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました