ライティング・文章

ライティング・文章

ライティングで「それ」「あれ」の指示語は適度に使うべき

Webライティングでは、指示語(こそあど言葉)をなるべく使わないのがルールです。しかし、指示語を一切排除してしまうと、それはそれでおかしな文章になります。適度に指示語を使って、リズミカルで読みやすい文章を目指しましょう。
ライティング・文章

ちゃんとした文章を書くことに、もう飽きた。

3年ほどWebライターを続けて、段々ちゃんとした文章を書くことに飽きてきました。正しい日本語や文法が、必ずしも読者を惹きつけるわけではないと思っています。
ライティング・文章

ライターの文章に求められる「第三者目線」とは?

ライター案件の多くでは、「第三者目線」での文章が求められます。第三者目線とは主観的な表現ではなく、事実をもとにした客観的な表現のことです。「どこまでが主観的な表現か」という問題についても解説します。
ライティング・文章

YouTubeやSNSが中心になっても、文章力はすべての基礎

YouTubeやSNSが中心になっても、すべての基礎は文章力にあるという記事です。動画や写真が主流になっても、ブログで磨いた書く技術がムダになることはありません。
ライティング・文章

ブログと依頼記事における、文章の書き方の違い

ブログとクライアントからの依頼記事における、文章の書き方の違いについて書いた記事です。どちらも「文章を書く」という点では同じですが、執筆の自由度には差があります。個人ブログと依頼記事の特徴についてもご紹介します。
ライティング・文章

文章を修正されたくない人に伝えたい、たった1つの考え方

一生懸命書いた文章を修正されて嬉しい人は、あまりいませんよね? 私もライターを始めた頃はそうでした。「これで完璧!」と思った記事に修正が入ると、ショックを受けたものです。でも、ある一つの考え方をするようになってからは、修正も気にならなくなりました。
ライティング・文章

人の心に響く文章とは?キレイな文章を書こうとする人は要注意

人の心に響く文章とは、必ずしも美しい文章ではありません。たとえ稚拙で論理が乏しくても、人を感動させたり、惹きつけたりする文章はあります。「なぜ、あなたの文章で人が動かないのか?」について解説。
ライティング・文章

言わないだけ。みんなテストライティングに落ちている

テストライティングに落ちたときの心境や思ったことについて解説しています。駆け出しのWebライターなら誰しもが、テストで落ちる経験をしているものです。不採用となるとかなりへこみますが、恥ずかしい気持ちもあってか公表している人は案外少ないのかもしれません。Webライターとして「前を向いていきたい」と思う方にぜひ読んでもらいたい記事です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました