退職を報告する時期やタイミングはいつ?私が4年で公務員を退職した話

退職を報告する時期やタイミングはいつ?私が4年で公務員を退職した話

 

公務員退職の時期

少し前、公務員の友人から「今の仕事を辞めることにした」と言われました。

話を聞いていると、年度末の来年3月に退職しようと思っているようで、「いつ、上司に言おうかな」とタイミングを伺っていました。

私が市役所を辞めたのも、年度末の3月31日でした。

理由は、切りが良かったということ。そして、担当中の事業を最後までやり遂げて、サッパリした状態で辞めたいと思ってたからです。詳しい話はこちら>>>本気で人生を変えたい。私が26歳で市役所を辞めた理由

私の場合、仕事内容がキャンプ等のイベント事業が中心だったので、仕事の始まりと終わりがハッキリしていました。イベントの開催から終了までという区切りが分かりやすかったこともありますね。

仕事や職種によっては、そういう分かりやすい区切りがない職種に就いている人もいると思います。

営業のように、常にお客さんのフォローアップが必要な仕事であったり、いつ辞めても職場に迷惑がかかってしまうような職種もあります。

退職を伝える勇気と時期

退職を伝えるのは、勇気がいります。私もかなり緊張しました。

そこで気になるのが、「上司や職場責任者に、退職を伝える時期はいつがいいのか?」です。私の経験から言うと、自分の中で決意が固まったのであれば、出来るだけ早い方がいいです。

なぜなら、会社(市役所)目線で考えたとき、いつ、どのタイミングで「辞めます」と伝えても、会社や職場の人には必ず負担がかかります。いくらタイミングを伺ったとしても、結局、辞めることに変わりないからです。そうなると出来るだけ早く、上司に伝えた方が会社としては助かるということになります。自分が辞めるとなると会社は、退職の準備や人員補充など、退職後の準備がありますからね。

上司に報告するタイミング

仕事を辞めるときは、出来れば「円満退職がいい」と思いますよね? 私もそうでした。そう思うあまり、職場の雰囲気を壊したくないと、退職の話をするのが慎重になっていました。

「今は忙しい時期だから、落ち着いたら言おう」という感じです。

ですが、会社や組織はいつも忙しいです。「落ち着いたら言おう」と思っていても、落ち着くときなどまず来ません。

ですから、退職を伝えるときは、周りの様子を気にし過ぎないことです。周りを伺ってばかりいると、絶対に言うタイミングは来ません。

ただ一つ言えるのは、必ず、上司が一人になるときを狙ってください。さすがにそこは、タイミングを待ちます。

私は、職場がイベント事業で最も忙しい夏の繁忙期を過ぎた頃に、退職を申し出ました。

ですからどこかで「すいません。お話があります、、、」と覚悟を決め、自分から切り出さなければなりません。流れは待っていても来ないので、自分でをつくり出すことです。

空気を読まない

矛盾しているようですが、空気を読みながら、空気を読まないことが大事です。私も、退職を伝えるタイミングをずっと伺っていましたが、絶好のタイミングってなかなか来ないんですよね。

ですから、どこかで勇気を出さないといけません。

自分の組織の忙しさに気を配りながらも、退職を決意したタイミングで直属の上司に伝えるべきです。時間が経つと怖くなって自分の気が変わることもあります。会社を辞めることは、職場の人や会社よりも自分を大切にするという選択です。これは大事なことです。それによって多かれ少なかれ、周りに何らかの負担をかけます。そこは気にしすぎると、行動できなくなるので要注意です。

退職の報告は、真剣な空気になるのが当然

退職を伝える時は、まず間違いなく、真面目な空気になるし、ちょっと困惑した空気が流れます。

「それが嫌なんだ」と思うかもしれませんが、そういうものなんです。

というより、「退職」という自分の人生をかけた重大な決断をする大事な話をしているのに、おちゃらけた雰囲気で対応されたらその会社はヤバいですよね。

ですから、勇気を出しましょう!

基本的には、どのタイミングで退職を告げても、驚かれるものです。

あなたが大切な人材であればあるほど、引き止められる可能性も高くなります。

そこは真剣に話をします。

会社への不満や、恨み・つらみが強い場合は、言えないこともあると思いますが、全部の気持ちを打ち明ける必要はないですから、そこは言える範囲で、自分の気持ちをちゃんと話します。

それもこれも、後先、後悔がないようにです。

まとめ

結局のところ思うのは、いつ退職を伝えても、きっと一緒なんですよね。

相手側(上司)からしたら、いつ「辞めます」と言われても、急なタイミングであることに変わりありませんからね。

こっちは退職のことを、もう何週間、何ヶ月と前からずっと考えていましたけど、上司はあなたがそんなことを考えていたなんてこと、全く知らないですから。

もし、自分が退職を告げられる立場だとして、ある日、部下から「ちょっと話があります・・・・辞めます」と言われたら、ビックリしますよね?

ということは、いつ「退職します」と伝えても、驚かれることには変わりありません。

辞めるときの精神状態にもよりますが、「辞めたい」「辞める」と自分自身で考えて、決断した時に、上司に伝えるのが一番のタイミングです。会社としても退職手続き上、準備があるので、早い報告の方がいいからです。

それと、心の中で「辞めたい」と思っている時間を出来る限り減らすことで、ストレスも少なくて済みます。

合わせて読みたい>>> 仕事と人生を楽しむために伝えたい転職経験者による5つのアドバイス、関連記事>>> 本気で人生を変えたい。私が26歳で市役所を辞めた理由