本気で人生を変えたい。私が26歳で市役所を辞めた理由

本気で人生を変えたい。私が26歳で市役所を辞めた理由

「仕事を辞めたい。でも辞められない。」その気持ちよくわかります。

私も公務員を辞めるときは、とても迷いました。

「辞めたい」と思うことと、実際に「辞める」ことの間には、とても大きな差があると感じます。

そこで今回は、私が26歳で市役所を辞めたときの経験についてお話しします。

この記事を読んで、今、仕事を辞めようかどうか悩んでいる人が、何か行動を起こしてくれたらいいなと思います。

 

私が市役所を辞めた5つの理由

(1)最大の理由は「仕事」というものに疑問を持ったから

私が、26歳で市役所を辞めた、最も大きな理由は「仕事」というものに疑問を持ったからです。

  • お金を稼ぐためだけに、ツラい思いをして毎日働くのはおかしい
  • 本当に好きなことで生きていくことは出来ないの?
  • もっと働くことは楽しくあるべき

そんな気持ちからスタートしました。

私の場合「こんな仕事を辞めてやる!」と思って辞めたわけではありません。

4年間やってきた青少年教育という仕事をもっと追求してみたくて、スキルアップを目的に退職しました。

市役所職員の方はわかると思いますが、市役所はだいたい4〜5年間隔で他部署への異動命令が出ます。

私の上司は元人事課だったのですが、確かにそれくらいで周りは異動していました。

私は青少年教育に従事してすでに4年目だったので、来年は人事異動になるかもしれないポジションにいました。

そのため、今の青少年教育の仕事を続けるのなら、市役所を辞めるしかない状況だったわけです。

(2)本気で人生を変えたい

市役所を辞めた2つ目の理由は、「本気で人生を生きてみたい。変えたい」と思ったから。

市役所に限らず、「組織」という大きなバックボーンが無くなったときでも自分の力で生きていける。そんな確かな技術を身につけたいと思いました。

ですが、辞める前はとても不安でした。「もしかしたらあとで後悔するかも。辞めたらもう戻れない」と感じていましたね。

それでも、「人生一度しかないから思い切り生きたい」という気持ちは捨て切れませんでした。

辞めるときは本当に悩みましたが、背中を押してくれたのは自分の中の二者択一でした。

「この先、市役所に残ること」と「いま市役所を辞めて、学校に入ること」、どっちを選んだ方が自分は将来後悔するだろうか。これです。

この二者択一を真剣に考えた結果、私は市役所を辞めて、アウトドア専門学校に入学しました。

自分の気持ちに真正面からぶつかって選んだ結果なので、辞めてから後悔したことは一度もありません。むしろ、「辞めてよかったー!」くらいに思っています。こちらの記事もおすすめ>> 好きなことは仕事になる?【超リアル】アウトドア専門学校卒業生の就職先・仕事一覧

(3)30代・40代になったとき、辞められる気がしなかった

市役所を辞めた3つ目の理由は、年齢を重ねることで安定思考に走るのが怖かったからです。

私は26歳で市役所を辞めましたが、元々は安定志向で公務員を目指しました。

だからこそ、できるだけ年齢が若いうちに辞めないと、後々辞められる気がしなかった…。

自分が30代、40代になって、結婚して子どもができたり、守るものができたりすれば、余計に安定思考に走る気がしたのです。

そうなると、今よりもっと辞めにくい状況になります。

年齢を重ねることで仕事を辞めるのが怖くなり、「このままの人生でもいいかー」と思うのが嫌でした。

「本気で人生を変えるなら、一歳でも若いうちに辞めよう」と考えたわけです。

(4)自分が稼げる天井が見えた

4つ目の理由は、生涯で自分が稼げる金額の上限が見えたからです。

公務員は、基本的にアルバイトも副業も禁止です。

給料は俸級制度で決められています。

そのため、自分がどれだけ頑張っても、市長や教育長程度の給料までしかお金が稼げないことが分かってしまいました。

つまり、自分が生涯稼げる金額の天井が見えたわけです。

安定はしているかもしれないけれど、「なんだかつまんないなー」と思ってしまったんですね。

(5)職場でうつになる人がいたこと

5つ目の理由は、職場でうつになる人がいたことです。

公務員になるような人は、真面目で優秀、責任感が強い人が多いせいか、職場でうつになる人も数人いました。

あいにく私の部署にはうつで休む人はいなかったのですが、そういう状況や話を聞くたび「お金を稼ぐためだけに、毎日ツライ思いをして仕事をするのはおかしい」という気持ちが徐々に強くなっていきました。

この気持ちは間違いなく、私が市役所を辞めることに力をくれたし、今でも行動の原動力になっています。

私が好きな仕事で生きる道を選んだ、まさに原点です。

市役所一年目から「このままの人生でいいのか?」と思っていた

市役所1年目を終えた辺りから、「私の人生、このままでいいのかな?」と漠然と思い始めました。

仕事にやりがいは感じていましたが、同時に、市役所の仕事だけで終わる人生にむなしさも感じていました。

特に同期や職場の人と飲み会があった日の帰りは、その気持ちが一層強くなったものです。瞬間的に襲われる、日々のやりきれない気持ちには勝てませんでした。

常に「何かが違う」という感覚が、自分の中にありましたね。

このまま年をとって、何となく今の仕事を続けていくことを想像するとたまらなくイヤで、怖かったです。関連記事>>>人生を変えるチャンスは2度来ない!今の仕事に「このままでいいのか」 

市役所を辞める!決意したきっかけ

辞める一つのきっかけとなったのは、上司との面談です。

3年目の秋に、職員全員が受ける直属の上司との、一対一の面談がありました。

聞かれる内容は、日々の仕事の進捗状況や目標設定、異動したい部署の希望などです。

そこで、上司から「どこか他に行きたい部署はあるか?」と聞かれたので、「今の仕事みたいに自分で考えて、企画したり、事業をつくっていける部署がいいです」と答えました。

すると、上司は「・・・・そういうところは、ないかな」と一言。

私も市役所という仕事柄、答えはうすうすわかっていましたが、それを聞いたときに「もう、無理かな」と思いました。

異動後の自分もイメージできなかったし、今の仕事以上におもしろくなる気がしなかったわけです。

他の部署が、自分には合わない気がしたともいえます。

そして、退職を上司に報告

上司に退職を報告するときは、不満をぶつけないよう意識していました。

退職を報告した時期は、退職日から逆算して5〜6ヵ月前だったと思います (年度末の3月31日に辞めました)。

辞めるときは、報告の手順も大事です。

まず始めに、一番身近な上司である係長に言いました。

いきなり人事課や課長・部長に退職を報告すると、一番身近な上司がショックを受けると思ったからです。

一番身近な上司を飛ばして、いきなりもっと上の上司に報告すると、当然、角がたちます。

円満退職したいのであれば、退職の手順は間違えてはいけませんね。 円満退職について、もっと知りたい方はリクナビNEXTのこちらの記事がおすすめです。参考 >>> 円満退社するための、正しい退職の意思の伝え方

私は退職時に上司に何を言ったかですが、 「今の仕事をもっと続けたいので、スキルアップのために辞めます」と伝えました。

実際、嘘ではないし、本当の気持ちです。

でも、結局あれこれ伝えても、相手には「辞めます」という言葉が一番耳に残るし、「きっと不満もあるんだろうな」と感じるでしょうから、結局は何を言っても一緒だな思っていました。

私も円満退職を望んでいたので、「自分の思ったことはそのままを言った方がいいけれど、役所の不満やグチは絶対に言わないでおこう」と思いながら、上司と話しましたね。

当時の上司(課長)は、部下の意見や気持ちを聞いてくれる人だったので、無理な引き止めにも合わずに済みました。

ただ、その上司はあと2年で退職だったので、「できれば一緒に卒業したかったな」と少し寂しげに言われたことを今も覚えています。

退職の詳しい話はこちらの記事をどうぞ >>> 退職を報告する時期やタイミングはいつ?私が4年で公務員を退職した話 

市役所を辞める前の行動

(1)転職先を探して、アウトドア専門学校と出会う

市役所を辞めようかなと思ってからは、転職サイトをみたり、仕事情報を探したりするようになりました。

そこでネットを検索していて、たまたま見つけたのがアウトドア専門学校です。

当然最初は「学校? 学校なんかに入ったら、どうやって生活していくんだ?」と思いました。

ですが、NPOや教育関係の転職先と比較した結果、アウトドア専門学校が一番面白そうだったので、そこに入学することに決めました。

転職ではなく、学生としての入学です。ほぼ直感です。

ただ、さすがにいきなり入学は危険だと思ったので、まずは年に数回あるオープンキャンパスに参加してみることに。

ちょうど1ヵ月後くらいに開催されるということだったので、埼玉から新潟まで行って、学校と現地の様子を見てきました。

私の場合は、ネットで情報を探したり、ビジネス書や本を読んだりする中で「ここに行ってみたい」というものが出てきたという感じですね。

このアウトドア専門学校に出会ったことで、「やってみたいものが見つかったし、このタイミングかな」と思い、市役所を辞めました。

(2)誰にも相談しなかった

市役所を辞める相談は、誰にもしませんでした。

その理由は、自分の人生は、自分で決めないと後悔すると思ったからです。

他の人の意見を聞いても気持ちが迷うし、好き勝手に意見を言われるだけと思ったので、誰にも相談しないことにしました。

あと、自分の人生は自分で決めたかった。

退職を報告した上司からは、「前もって、相談してほしかったな」と、ちょっと悲しそうに言われてしまいましたが。。

この2つの理由では絶対に辞めないと決めていた

ただ、前々から、自分の中で「この理由ではやめないぞ」と決めていたことが2つあります。

その1:人間関係

人間関係がイヤだから、辞めることだけは絶対にしないでおこうと思っていました。

実際、職場でチクチクと嫌味を言ってくる先輩もいたものです。

>そのせいで、家に帰ってからもずっとイライラしていることがありました。感情のコントロールが上手くできず、休みの日もそのときのことを思い出してはイライラ。

でも、人間関係のトラブルはそれをちゃんと解決して先に進まないと、また次も同じトラブルが起こるとある本で読んだので、それが原因で辞めることはしないと思っていました。

その2:ネガティブな理由で辞めること

辞めるときは、何かやりたいことができたり、目指すものが見つかったりという理由で辞めたいと思っていました。

退職にプラスの理由を求めていたわけです。

だから、辞める理由を聞かれたときも、前向きな理由がなければ辞めないと決めていました。

当然、職場ではイヤなこともあったし、上司や仕事の内容のことで腹が立つこともしばしばありました。

ですが、辞めるときはそれを上回るポジティブな気持ちで辞めたかったのです。

今思えば、辛くなるまでその仕事を続ける必要はないと思いますが、当時はそんな風に考えていましたね。

退職後の後悔は?

新潟に移住後「以前は市役所にいました」と言うと、「後悔はないんですか?」とたまに聞かれますが、一切ありません。おもしろいくらいにです。

それとよく「もったいない」とか「安定してるのに」とも言われましたが、私からすると、一体なにがもったいなくて、安定しているのかが分かりません。合わせて読みたい記事>>> 後悔はない!市役所を辞めた後の人生・転職から現在までのストーリー

「もったいない」のは、自分の時間を無駄に過ごすことであって、公務員に執着することではないと思います。

安定している」というのは、自分が勝手にそう思っているだけであって、国の方針や社会の変化によって公務員の雇用状況なんてあっという間に変わります。副業も出来ないですし。

むしろ、色々な部署を転々とし、確固たるスキルや技術を身につけられない市職員の場合、職を失った時、潰しが効かないと危機感を感じていました。

収入がなくなる不安はあった

当然、収入がなくなる不安はありました。引越しなどで貯金もほとんどなかったので。

じゃあ、「学費や生活費はどうしていたのか?」というと、奨学金を借りていました。学校説明会の時、事務局の人と話して、奨学金で何とか暮らせるとのことだったので学生になる決断をしました。

ただ言っておくと、お金がなくなっていく恐怖というのは、ものすごいです。覚悟していても、不安が出てきます。

転職、もしくは退職する時は、事前に少しでも貯金しておくことをおすすめします。

起業するにしても、事業資金と生活資金が必要なので、起業1ヶ月目で軌道に載せるような自信がないのであれば、貯金など事前に、お金を計画的に貯めておくことも大事だと感じました。

まとめ

1日を考えたとき、仕事に割く時間ってだいたい8時間以上ですよね。つまり、私たちは1日のうちの1/3以上を仕事に費やしていることになります。それなら、もし働いている時間が楽しい時間、やりがいのある時間であったらどんなにいいでしょう? 私はそう考えました。

その結果、退職を選んだわけです。

自分が後悔しない人生を生きたいと強く思ったので、思い切って行動しました。自分がたくさん考えて苦しんで悩んで出した答えなら、どんな結果になっても後悔しないし、きっと納得できるはずです。

※ Twitterもやっているので、良ければフォローをお願いします!
@HanashikataLife