在宅か出社か。コロナの影響で、ついに今後の働き方を真剣に考えるときがきた

在宅か出社か。コロナの影響で、ついに今後の働き方を真剣に考えるときがきた

私はあまり流行りのことを書くのが好きではないので、コロナの影響について触れるかは迷いました。

でも、これだけ事態が深刻になったことで、多くの人が働き方を変えざるを得なくなったのは事実です。

毎朝決まった時間に起きて普通に会社に行き、仕事をして、帰宅していた人も、そんな当たり前のことができなくなりました。

サラリーマンを中心に半ば誰もが働き方について、強制的に考える時間が生まれたと言えるでしょう。

そこで今回は、働き方について書きました。

私は今フリーランスですが会社員経験もあるので、「その頃だったらどうなっていたかな」と思うことがあります。

自分の働き方について真剣に考えるとき

働き方

コロナの影響で働き方について考えざるを得ない状況になりました。

多くの会社員がリモートワークにより仕事が在宅になり、初めての事態に戸惑っている方もいるでしょう。

毎日当たり前のように出勤して、仕事をしては上司や人間関係のグチをこぼしていた人も、「もしかしたら仕事を失うかも…」と不安や心配が頭をよぎったかもしれません。

ただ思うのは、今回のコロナのようなパンデミックと言えるような事態は、自分の働き方について考える良い機会にもなっているのではないかと思います。

もちろんコロナの影響により人が亡くなったり、マスク着用で身の安全を守ったりと大変な思いをしているので、「この状況があって良かった」とは思いません。

しかし、こういった深刻な状況にでもならない限り、自分の働き方について真剣に考える機会など、なかなかないのでないでしょうか?

・なんとなく就職して、ずるずると今働いている
・「このままでいいのか」と、将来に漠然とした不安を抱えている
・人生を変えたい

そんなことを思っている人にとって今は、動き出す絶好のチャンスと言えます。

コロナの影響で活動自粛が増えた今だからこそ、今後の自分の働き方について考えるべきです。

在宅ワークにしろ、会社に行って仕事をするにしろ、誰もが今後の働き方について考えるときがきたと思っています。

会社員を辞めても、生きていけるスキルを身につける

スーツ姿

会社を辞めても生きていけるスキルがあると、精神的に安定します。

私で言えば、ライティングと自然体験教育・アウトドアのスキルです。

市役所職員時代はこれと言ったスキルがなかったので、仕事がなくなったときの不安がありましたが、スキルを身につけて磨いてきたことで、今はたいていのことであれば「なんとかなるかも」と思えます。

会社に行って仕事をすれば、給料がもらえるのは大変ありがたいことです。

フリーランスを経験したから分かることですが、会社があるのは当たり前ではありません。

社会状況やニーズの変化、経営状況の影響で急に会社が倒産したり、利益が大幅に減ったりすることもあります。

だからこそ会社の給料がなくなっても生きていけるスキルがあると、精神的にも経済的にもかなりラクになります。

今はクラウドワークスやランサーズなど、ネットで仕事を受注できるサービスが数多くあり、在宅で仕事できる環境が整ってきました。

最初は思うように稼げなくても、少しずつ知識を増やして経験を積んでいけば、会社以外からの収入も期待できるようになります。

動画編集やデータ入力、ライティングなど何でも良いので、会社に頼らなくても収入が見込めるスキルがあると「大丈夫。自分は生きていける」と思えるはずです。

たまたま選んだ、Webライターという仕事に救われた

パソコン

私が2年以上やっているWebライターは、在宅で完了する仕事です。

ネットや資料で情報を集めて文章を作成するので、職場への出勤はありません。

Webライターを選んだ理由は「時間も場所も自由に働きたい」と思ったからですが、今回のコロナのことを考えると、結果的にこの仕事に救われた部分もあると思っています。

私は当初、自然体験教育者としてフリーで活動するつもりでした。

しかしイベント中止が相次いでいる中、人に直接会わないと仕事にならない自然体験教育者だけをそのまま続けていたら、「果たしてどうなっていたんだろう」と思います。

「人に会う仕事」と「在宅でできる仕事」。

この2つの面を持っていると、今回のコロナのような外出自粛が起こったときも仕事としては強いのかなと感じました。

だからと言って、すべての人にこの2種類の仕事を持てとは言いませんが、自分の仕事の特性は知っておくべきだと思います。

・在宅でできる仕事か、人に直接会わないとできない仕事か
・どんな状況に強く、どんな状況に弱い仕事か

私の仕事であるWebライティングと自然体験教育でいえば、以下のような感じです。

Webライティングの場合

・在宅で作業が完了する(人に会わなくてもできる)
・デジタルでの集客、販売に強い(記事を見つけてもらうのに多少時間が必要)

自然体験教育(アウトドア)

・人に会う仕事(直接体験のニーズが高く、オンラインにできない)
・体験型イベントを求める人、店舗と相性が良い

自分の仕事や事業の特性がわかっていると、倒産の危機や利益減少につながる最悪の状況がイメージできるので、事前に対処方法を考えやすくなります。

まとめ

人生には、予想外の出来事がたくさん起こります。

コロナの影響で起こったリモートワークや在宅勤務は、その一つでしょう。

さまざまな職場や働き方を経験すると、今まで見えていなかったことが見えてくることがあります。

この機会に「どんな働き方が自分に合っているのか」「理想の働き方」を今一度考えてみるのもいいかもしれませんね。