ただ人間関係をリセットしても、また同じトラブルが起きる

ただ人間関係をリセットしても、また同じトラブルが起きる

「人間関係をやり直したい」という気持ち

私は、高校生くらいから20代前半くらいまでは、よく人間関係がわずらわしくなると、今の人間関係をリセットして全部やり直したいなと思っていました。

今の付き合いたくない人や嫌いな人とさよならして、自分のことを誰も知らない環境でまたスタートさせたい、つまりは「ゼロからやり直したい」という風に思っていたのです。

事実、「一から始めたい」と思ったときは、バイトを辞めたり、就職で見知らぬ土地に引っ越したりして、「ここでまたゼロからスタートしよう」ということを繰り返してきました。

仕事、人間関係、住居など、そうしたのは自分の責任であるくせに、常に新しい環境を望んだわけです。

人間関係はリセットできる?

いまブログを読んでいるあなたは、もしかしたら人間関係に悩んでいるのかもしれません。それが仕事の人間関係であれば「辞めたい」という気持ちもあると思います。

気になるのは、仕事を辞めて、違う環境に行けば、「人間関係をリセットできるのか?」ということです。

実際に私はそれを繰り返してきました。

私の経験から言うと、

「仕事を辞める」

「知らない土地に引っ越す」

ことで、今までの人間関係をリセットすることは出来ます。

付き合いたくない人や嫌いな人とは、こっちから連絡をとらない限り、そこで関係が終わるわけなので。相手から連絡が来ても、出たくないのであれば、出なければいいです。それで、終わります。

リセットしても、また同じ問題に悩むことがある

新しい環境に移り、そこで、ゼロからスタートしたとしても、不思議と、前と同じような人間関係で悩まされることがあります。

例えば、前職で、やたらと自分勝手にものを言う人がいたとして、あなたがその人に振り回されていたとします。それが嫌で、仕事を辞めて、転職して、新しい職場に行ったとしても、また時間を空けて、同じようなタイプの人が出て来たりします。

「そんなの偶然でしょ?」と言ってしまえばそれで終わりですが、原因の1つは、自分の考え方が、前と何も変わっていないのに、職場環境だけを変えて、問題を解決しようとしたことがあります。

自分が変わらないと同じトラブルを繰り返す

前と同じような嫌なことが起こったり、人が寄って来たりするのは、自分が、何かしらの起こった問題に対して、同じような反応をしているからです。

それは、あなたの感情の部分であったり、価値観、コンプレックスから来る相手への態度、話し方として周りに影響を与えます。

結局は、自分の内面や思考が前と同じままだと、同じような関係性しか作れないので、同じようなことが起こる可能性が高いということです。

例えば、あなたに嫌なこと(人)があったとして、あなたがの感じ方が、「A」なのか「B」なのか「C」なのかで、あなたが発言する言葉も、話し方も、態度も変わってきます。それによって、周りの人が、あなたから受ける影響も違ってきます。

ですから、自らの環境を変える選択をしたことで、解決する問題もあるけれど、再発する問題もあるということです。

良い人間関係は、自分の気持ちを知ることから

人間関係のトラブルを回避したり、再発を防いだりするには、もっと自分をよく知ることが大事です。

「私はどんな人が好きで、どんな人が嫌いなのか?」

「なぜ、そのことにそんなに腹が立つのか?」

「どんな人間関係を望んでいるのか、逆に望まないことは何か」

自分の内面が何も変わっていないと、たとえ仕事を辞めて外の環境を変えたとしても、また同じようなことが起こります。

人間関係をリセットして、新しい環境で再出発しても、前と同じような人間関係になってしまったり、トラブルが起きる可能性は高いです。

まとめ 

人間関係をリセットしたい。そんなときは、自分の職場や住環境を変えることで改善されることがあります。

ただ、本質的に人間関係を変えたいのであれば、自分も変わろうとすることが大切です。

例えるなら、お店に新しい商品が出ていたので買ってみたけれど、外のパッケージが新しくなっただけで、中味は旧商品と何も変わっていない、というのと同じ。

環境というパッケージが変わっても、商品(自分)そのものが変わっていなければ、相手が取るリアクションにそれほど差はありません。

ですから、環境だけじゃなく、自分も変わっていこうと思えるかどうかで結果は変わるんですね。