「休み」を予定として、スケジュール帳に書き込む

「休み」を予定として、スケジュール帳に書き込む

休むのはわるいこと?

休むことは、サボることではありません。
休みは、疲れた体を休ませるのに必要なことです。

人によっては、自分の好きな活動することで「休んでいる」と感じる人もいます(他人から見たら、すごい

動いているように見えます)。いわゆる『アクティブレスト』というやつです。
参考 >>> グリコ:アクティブレストは疲れているときこそ有効!

 

ですがそもそもの話、会社のイベントや飲み会の誘いが会った時に、「私、休みたいから欠席します」とは言いにくいです。

よく、「休むのは権利だから」という言葉を聞きますが、それも、「理屈では分かっているんだけど、

そうもいかない」というのが本音です。

中々、休むとは言いづらい。

 

「今週、日曜は休みたいな」と思っていても、会社の行事や、友人から誘いが来てしまうと、

「予定もないし、出ないとまずいかな」と思って、出席したりします。

その結果、行きたくもないのに、貴重な休日を使ってしまい、後悔します。

 

もちろん、仕事や付き合いとして出ないといけないものもあると思います。ですが、中には

「これ、私でないとダメ?」というものもあると思います。

 

スケジュール帳に「休み」を書く

堂々と休むために、効果的な方法としては、先に「休み」をスケジュール帳に書いてしまいます。

今週の日曜日は、「休みたい」とか「やりたいことがある」のであれば、スケジュール帳の日曜日の箇所に、

「休み」と書いてください。仕事のスケジュールや、飲み会のスケジュールと同じようにです。

 

つまり「休み」を予定にしてしまえばいいんです。

 

もし誰かに「予定って何??」と聞かれたのなら、仕事であれば「いや、プライベートなんで、、、」と笑ってごまかせばいいです。深ぼりされて、自分が答えたくないことを、無理に答える必要はありません。

 

逆に、プライベートで聞かれた場合は、「いや、外せない用事(家で休む)がある、、、」と真剣な顔で言ってみればいいです。相手がしつこく聞いてきても、「いや、言えない」と十分です。

 

仮に、相手が「ただ、家で休みたいだけなんでしょ?」と言って、たとえ、そうだとしても、
「いやいや、まぁまぁ」的にスルーしましょう。

 

自分の時間を大切にする生き方

言っておきますが、ウソを言え、と言っているのではありません。

自分の時間を大切にする、ということです。

自分らしくあるとも言えますね。

 

これは、休むこと、に限ったことではありません。

 

何か自分の決めた目標やビジョンを達成しようとするときには、必ず、それを邪魔しようとする動きが

出てきます。

それに、負けないようにするということです。

小さなことから、自分の気持ちを強く持つ、練習をしていきましょう。

 

話が大きくなってしまいましたが、

ぜひ、飲み会の予定や、仕事の予定と同じ感覚で、スケジュール帳に「休み」と書き込んでください。

 

ポイントは、自分がスケジュール帳を見た時に、
「ああ、この日は休むんだな」
と客観的に思えるくらいがベストです。

 

「今日は月曜日だけど、祝日だから休み」みたいな見方、感覚です。

自分の仕事をちゃんとやった上で、休むのであれば、誰に何を言われても関係ないじゃないですか。
堂々と休みましょう。
自分の人生は、自分でコントロールするものです。

 

仮に相手が、

 

「えっ?飲み会来ないの?」

 

「休むの?」

 

「みんな来るよ?」

 

と言ったとしても、それは相手も自分の考えを主張しているだけです。
あなたが失った時間をあとで返してはくれません。

 

まとめ

時々、休むことに対して、罪悪感を感じる人がいます。
ですが、そんな必要はまったくないです。

体と心を休めることは、大事なことです。
疲れ知らずな人は羨ましいですが、人によって疲れ方も様々です。

休みだけじゃなく、何かを決める時は、
自分で考えてクセをつけるのがいいです。

「自分はどうしたいのか?」

例えるなら、子どもがお母さんに「晩ごはん何がいい?」と聞かれて、
「何でもいい」と答えるのに似ています。

何でもいい、を卒業しましょう。

後々、流される生き方をしていると後悔が多くなります。