【30代になって分かったこと】20代から知っておきたい人生のヒント

【30代になって分かったこと】20代から知っておきたい人生のヒント

20代後半になると見えてくる30代。「人生の転機」「分岐点」などいわれる年代は、急におじさん感が増すだけに、どうしても気になってしまうもの。いつまでも若々しくありたいと思うのが自然です。

私が30代になって一番思うのは、気持ちは若いままなのに、年を取ったような気がすること。実際に年は取っているわけですが、気持ちと年齢のギャップに戸惑うこともあるものです。

そこで今回は、20代後半に伝えたい「30代になって分かったこと」についてご紹介します。

30代は人生のターニングポイント

30代は、年齢的にまだまだ若いとされる年代。40代や50代の方からすれば、アラサー世代でも十分「若者」とされます。

とはいえ、30代は結婚もして子供がいることも普通なので、家庭では立派なお父さんです。仕事では、部下の面倒を見たり、昇進したりすることも多く、公私ともに人生のターニングポイントといえます。

転職をするにしてもまだまだ可能性がある30代は、独身の方や理解あるパートナーと一緒の方であれば、フリーランスや起業など、新たな道にも進むことができるものです。

20代の頃のような若さがない反面、経験やスキルはそこそこ身に付いているので、過ごし方しだいで人生をさらに充実されることもできるといえます。

30代になって分かったこと

正直、私の場合、30代になっても何かが大きく変わったという感じはしていません。仕事を辞めてフリーランスになったことなどはありますが、それは年齢とは関係がないものだと思っています。

ただ、明らかに20代頃には考えなかった・思わなかったようなことがあるのも事実です。今、20代後半の方やアラサー世代の方は、ぜひチェックしてみてください。

思ったより大人じゃない

10代や新社会人の頃は、「30代って大人・・・」という印象でしたが、いざ30代になってみると意外と大人じゃないということに気づきました。

ゲームもするしマンガも読むし、お菓子も食べるしで、好きなものや食べ物は昔と対して変わっていません。子供の頃に「お父さんはケーキいらないよな」と、勝手に決めつけていたことが申し訳なく思います。

もちろん、大人の風格を漂う理想の30代になれたという方もいるでしょうが、私はフリーランス(独身)という予想もしてなかった30代を迎えています。

同い年でも見た目に差がつく

20代でもそうですが、30代に差し掛かるとさらに見た目に差が出ます。髪型や肌の質感、漂う雰囲気などの違いが如実に現れるので、同年齢でも「若い人」と「老けて見える人」にくっきり分かれる印象です。

芸能人でもそうですが、人に見られることを意識している人はとりわけ若い気がしますね。ファッションに興味があるかないかも、肌質やオーラに影響を与えそうです。

体力と経験のバランスがちょうどいい

30代のメリットの一つは、ある程度の仕事の知識や経験があって、かつ体力もあるということ。プライベートでも仕事でもまだ徹夜できる年代は、多少の無理がききます。

アラサーあたりは、自分の人生について考え直す時期でもあり、新たなスタートを切ることも多いもの。体力と経験のバランスがいい30代は、やろうと思えば何でもできます。

知り合うのは既婚者が9割

これは、仕事や住んでいる環境にもよりますが、30代は周囲に既婚者がめちゃくちゃ増えます。私は新潟の田舎に住んでいるせいもありますが、だいたい出会う人の9割は既婚者といった感じです。

「彼氏いる?」より、「結婚してる?」が先にくる

10代や20代前半の頃であれば、「彼氏(彼女)いる?」と聞くことも多いですが、30代になるあたりからは「結婚してる?」の言葉が先に来るようになります。

先の「既婚者が多くなる」もそうですが、年代的に結婚している人が増えるので、自然とそういう言い方になるわけです。また、人によっては離婚をしていることもあるので、あまり深掘りしすぎないように注意したい話でもあります。

10代、20代と気持ちは一緒

体力的には20代と対して変わらない30代前半は、若い頃のイメージがはっきり出てきます。「少し前まで、あんなに若かったのに」という思いが心の中に残っているので、ふとノスタルジックな気分になることも。

そのたびに「今が一番若い」という永六輔さんの名言を思い出します。

お風呂上がりなどに、体型が気になる

筋肉は年齢を重ねるほどに落ちていくので、30代は20代よりも体型が気になるもの。食生活の乱れやビールの飲み過ぎで、メタボ的な体型になっている30代は山のようにいます。

私は基本やせ型なので、むしろ少し太りたいと思うくらいなのですが、筋力の低下は気になるところです。それとあくまで私の見解ですが、結婚している人に太っている人が多いのは、20代よりも”モテ”を意識しなくなるからなのかもしれませんね。

顔の若さを意識しだす

体型同様、顔の老け具合も気になりだします。アンチエイジングに興味が出てきて、ときどき思い出したように顔体操をすることも。

そこまでおじさんじゃない

子供の頃は、「30歳はおじさん」という感覚でしたが、いざなってみると「そこまでおじさんじゃない」ということに気づきました。もちろん10代や20代からすればおじさんなわけですが、気持ち的には20代とたいして変わりません。

新しいと思っていた曲が、すでに5年前

高校、大学時代に聞いていた曲なら、もう結構前の曲と分かりますが、社会人になってから好きになった曲は、時間の感覚が鈍ります。

今も好きでよく聞いている曲が、気づいたら3年前、5年前ということも珍しくありません。

アラサー世代になってくると、昔ほど音楽に興味がなくなったり、同じ曲ばかりを聞いてしまいがちですが、私は意識して新しい曲を聴くようにしています。

音楽好きの方は、SpotifyやAmazonプライムなどのストリーミングを利用すると、新しいミュージシャンや曲と出会えるのでおすすめです。

「結婚?子供!?」と、年下に驚くことが増える

30代になって多くなったのが、昔、教育関係の仕事で出会った女子高生が大人になって、「結婚しました」「子供ができました」という報告。自分の記憶の中では若いはずだった年下の子が、「実はもう27歳」という現実をつきつけられます。

学生だった子が、社会人になり、結婚して家庭を持っている。確実に時間は進んでいるんだなという気分になることが増えるのも30代です。

まだまだ将来に可能性を感じる

人生80年ということを考えると、30代はまだ道の途中。山で例えるなら、3合目から4合目を歩いているようなもので、山頂まではだいぶ距離があります。

何か新しいことにチャレンジすることもまだできる年代は、ある意味ラストチャンスといえるかもしれません。若さ、経験、知識が揃ってきた30代には、まだまだ可能性が広がっています。

今までやってこなかったことを始めることも、辞めることも、方向転換することもできる。そんな最後の年代なのかもしれません。

早くも40代を意識しだす

32歳くらいなると、早くも40代のことを意識しだします。「人生、このままでいいのか」「この生活が一生続くんじゃないか」など、あっという間に30代になってしまったからこそ、早くも40代が気になり出すのです。

30代はまだ可能性がある年代とはいえ、20代のときほど時間に余裕はないので、どれだけ計画性のある人生を送れるかが大事だと感じています。

出会いは自分から求めないといけない

30代になると友人や知人の結婚式が落ち着いてきたり、あちこち遊びまわったりすることも減ることがあるので、出会いの場も少なくなりがちです。

これは恋愛や結婚など異性との出会いに限らず、会社と家の往復をしているだけ、決まったスーパーにしかいかないなど固定化された生活では、ほとんど新しい出会いなんてありません。

20代の頃は、友人の結婚式に呼ばれたり、大学だったり、バイトだったりと自然な出会いもありますが、30代くらいからは積極的に出会いを求めにいかないと、新しいつながりはできないと感じています。

まとめ

30代は気持ち的には、20代とそんな変わりがありません。ただ、見た目に変化が出てきたり、周囲の人や環境が変わっていくので、気持ちと年齢の間にギャップが生まれることがあります。

子供の頃は「おじさん」「おばさん」と思っていた30代も、いざ自分がなってみると、そんなおじさんじゃないし、意外と大人でもないということに気がつくはずです。