「自分のために」だけで仕事は頑張れない。「誰かのため」を思うから強く頑張れる

「自分のために」だけで仕事は頑張れない。「誰かのため」を思うから強く頑張れる

仕事は「自分のため」だけにやっていると、頑張れなくなる瞬間がくることがあります。

生活のためにお金を稼いだり、スキルアップしたりなどそれ自体はいいのですが、自分が望む結果が得られないと辞めたくなることもあるでしょう。

しかし、「自分のため」だけにやっている仕事に「誰かのために」という視点が加わるとモチベーション高く、頑張ることができます。

 

仕事は「自分のために」だけでは頑張れない

「お金を稼ぎたい」「スキルを磨きたい」「生活のため」など、どんな理由で仕事をするにせよし、「自分のため」だけにやっている仕事はあまり長く続きしないような気がします。

最初のうちはモチベーションも高いので頑張れるのですが、なかなか結果が出なかったり、上手くいかなかったりすると諦めたくなるわけです。

私は今、Webライター(フリーランス)として仕事していますが、ある時期、お金を稼ぐことだけを目的に働いていたことがあります。

しかし、状況が悪くなって思うように稼げなくなると、「一体、何のためにこの仕事をやっているのか」と、いっときWebライター続ける理由を見失いました。

自分のために仕事をすることは悪いことではありませんが、それだけではいずれ頑張れないときがくると思っています。

誰かにとって価値あるものを提供したい

私の仕事におけるミッションは、「誰かにとって価値あるものを提供すること」です。

今書いているこの記事もそうです。

「ブログをもっと盛り上げたい」と自分のためを思う反面、この記事を読むことで問題が解決したり、救われたりするといいな」と思っています。

振り返ると市役所職員や保険営業時代にも、頭の片隅に「誰かのために」という思いがありました。

市役所で青少年教育の仕事をしている頃は、「少しでもこの子たちに成長してほしい」と願い、保険営業マンの頃は「それぞれの生活に合った保険プランを提案したい。何かあったら自分が助ける」と思っていました。

今もWebライターや自然体験指導者として「成功したい」「お金を稼ぎたい」といった自分の欲求と一緒に、世の中や誰かの役に立つことを強く望んでいます。

誰かの役に立つことや有益なサービスを提供することで、誰かが喜んでくれることは私の喜びそのものです。

「自分のため」と「誰かのため」が重なると、とことん頑張れる

自分のためだけに頑張っている仕事は、挫折や失敗を味わうとそこで辞めたくなります。

なぜなら、満足のいく結果が得られない以上、自分が辛くなってまで続ける理由がないからです。

「これ以上、続ける意味がわからなくなる」ともいえますね。

ですが、「自分のため」にやっていることに、「誰かのため」が加わるとモチベーション全然違います。

たとえば、家族や恋人がいる人なら大切な人のために仕事を頑張るということがあるでしょう。「誕生日に素敵なプレゼント贈りたい」「家族全員で海外旅行がしたい」など、自分以外の存在を意識することで、よりエネルギッシュに行動できることがあります。

これが「ただ自分の生活のためにお金を稼ぎたい」だと、いずれ乗り切れないときがやってくるはずです。

私はWebライターを生活やお金など「自分のために」もやっていますが、同時に読者の問題解決や勇気づけなど「誰かのために」の部分も重なっています。

自然体験指導者の仕事もそうです。

「自然やアウトドアに関わりたい」は「自分のため」ですが、「子どもに楽しさと学びを提供したい」は「誰かのために」の部分です。

仕事だけでなく、好きな趣味なども「自分のために」の領域を超えて、もっと先の「誰かにために」までいくと辛いときも頑張れる力が湧いてきます。

まとめ

仕事を「自分のため」だけに頑張っていると、挫折や失敗を味わったときに諦めたくなります。

自分を喜ばす以上のことがそこにないので、自分が辛い状況になってまで続ける意味がないからです。

でも、自分以外の他人を思う「誰かのために」という気持ちが仕事にあると、頑張る気持ちも湧いてきます。

「自分のために」と「誰かのために」。この2つが重なるように仕事をすると自分も幸せですし、仕事の評価も上がって多くの人から喜ばれますよ。