異様な空気と緊張感!第1回M-1グランプリが熱すぎる!

異様な空気と緊張感!第1回M-1グランプリが熱すぎる!

M-1グランプリ2001は、緊張感がケタ違いの大会でした。

初めての開催ということもあり、10組の漫才師はもちろん、審査員や司会者までもが緊張していたのです。

今のM-1と比べると、装飾も音響もシンプルで飾り気は少ないですが、そのぶん漫才に集中できる環境となっており、一部ドキュメンタリーを見ている感覚にさえなります。

そこで今回は、第一回M-1グランプリの見どころについてご紹介します。

※ 2018年12月現在、M-1はAmazonプライムでも視聴することができます。無料体験もあるので、まだ使ったことがない方は、お試しだけでもしてみるといいかもしれません。

→ Amazon Prime 無料体験(お試し)

 

異様な空気と緊張感!第一回M-1グランプリ

第一回M-1グランプリは、今のM-1と比べ物にならないほど緊張感に溢れています。

初開催であることからくる司会者の緊張、審査員が感じるプレッシャー、絶対に勝ちたいという漫才師の想い。

全員が緊張している大会は、他のお笑い番組とは一線を画す、異様な空気をまとって始まりました。

会場も飾り気が少なくシンプルなためか、緊張感が妙に伝わってきます。

たまに映る審査員もほぼ笑っておらず真剣そのもので、松本さんが目を丸くして、ネタを見つめる表情には怖さもあるくらいです。

審査員の真剣さについては紳助さんもコメントしていて、「審査員が真剣でいいですよ。よその番組みたいに嘘の笑いが入っていない、、、真剣でいい」と言っています。

序盤のくじ引き&挨拶のときは、芸人全員が黒のタキシードを着て、正装で登場するところも重々しい空気に拍車をかけているような気がしました。

漫才師もみんな真面目で、素の顔をしていたので、「芸人が一番やってはいけない顔をしております」と紳助さんも発言しています。

当然、今のM-1にも緊張感はありますが、この独特な張り詰めた空気とプレッシャーは、第一回大会ならではという感じです。

笑いのない、楽屋レポート

くじ引きのあと、アシスタントの菊川 怜さんが楽屋レポートに行ったのですが、とてもレポートできるような空気ではありませんでした。

DonDokoDonの平畠さんなどはおどけてみせていましたが、正直それどころではないといった雰囲気が、楽屋には漂っていたわけです。

予想以上の重たい空気には、菊川怜さんも「紳助さん、どうしたらいいですかー?」と困った様子で、レポートは一瞬にして終わりました。

こんなに緊張感があって笑いのないレポートは、最近のM-1ではあまり見られない気がします。

今はブレイクした漫才師たちの若手時代

第一回M-1グランプリは、20代の漫才師が多い大会でした。

フットボールアワーやチュートリアル、中川家、麒麟、キングコングなどがそうで、キングコングにいたっては、まだ二人とも21歳だったことに驚きます。

麒麟も、今でこそ人気のある芸人ですが、当時はまだ無名で「ダークホース」と言われていた存在。

2014年に解散してしまったハリガネロックも出ているなど、お笑い好きには見応えのある決勝戦となっています。

初々しい雰囲気の今売れている漫才師を見ることができるのも、第一回大会の魅力かもしれませんね。

観客の反応が素晴らしい!

第一回大会は、観客の反応が適切で素晴らしいです。

近年はM-1もそうですが、お笑い番組における観客のリアクションがおかしいなと感じることがあります。ネタに対する「えぇー」といった声がまさにそうです。

その点、第一回大会は、お笑いを見慣れている観客が多いからか、ネタ中に余計なリアクションが入っていません。

あるのは笑い声だけで、「えぇー」や「おぉー」という反応をするのは、予想よりも点が入らなかったときなどだけです。とても自然なリアクションなので心地良さすら感じます。

観客の反応が適切だと、集中して漫才を見ることができるので、お笑いファンとしては嬉しい限りです。

漫才終了からインタビュー、点数発表まで淡々と進む

第一回大会の進行は、とても淡々と進んでいきます。

今のM-1は漫才終了後、芸人は舞台袖にはけますが、このときはにそのまま舞台に残るスタイル。その場でインタビューを受けて、移動することなく得点発表がなされます。

この漫才終了後からインタビューまでの間が何ともいえなくて、ドキュメンタリーを見ているな感覚になりました。少しそわそわする感じですね。

得点発表は、全審査員の点数を「せーの」で発表するので、かなりスピーディー。審査員のコメントもほぼないので、相当早いペースで番組は進んでいきます。

第一回大会は得点のバラツキが大きいことも特徴的で、800点台から500点台まで出ています。

初開催だから勝手が分からないということもあり、各審査員の基準点はバラバラです。そのため、80点台の中に50点台があることも普通となっています。

地方審査員の点数がえげつない

第一回大会には、7名の特別審査員の他に一般審査員がいました。

一般審査員は、札幌、大阪、福岡の3拠点に各100人にいて、持ち点は審査員一人につき1点。地方得点は全部で300点となる仕組みで、特別審査員と合わせると、合計点は1000点となります。

ただ、この一般審査員の点数は、かなりバラツキがあって、えげつなかったですね。

たとえば、”おぎやはぎ” ですが、ネタも結構おもしろかったのに、一般審査員の得点は、大阪9点、福岡12点とか。「100点満点なのにこれか!?」と思うような点数がたくさん出ていました。

これについては、審査員ラサール石井さんも触れていましたが、一般審査員は持ち点が1点ずつの、押すか押さないかの2択です。特別審査員のように74点、78点など細かく点数をつけられるわけではないので、バラツキが大きくなってしまうわけです。

 
このシステムに救われたコンビもいれば、足元救われたコンビもいるという感じでしたね。

打ち上げは、中川家と紳助さんの3人だけ

中川家・剛さんが語っていましたが、優勝して、取材やらなんやらを受けて楽屋に戻ったときには、もう誰もいなかったそうです。

打ち上げも、中川家と紳助さんの3人だけだったらしく、「寂しかったなー」とラジオで言っていました。

優勝後から打ち上げ配信があるのも大変ですが、他の芸人さんが誰もいないなど、祝ってもらえないのも辛いものがありますね。

幻となった『お金が敷き詰められたステージ』

当初、紳助さんは賞金1,000万円を敷き詰めたステージを作ろうとしていました。

演芸の世界には、舞台に金が落ちているということわざがあり、それにあやかって舞台上に1万円をズラーっと並べようとしたわけです。

しかし、「それはマナー的に良くない」という理由で却下されたと言っていました。

結局、賞金はパネルに入れて廊下に飾られたわけですが、本当にお金が敷き詰められたステージになっていたら、とんでもない見栄えになっていたんじゃないかなと思います。

おそらく今後もテレビで、そんな舞台を見ることはできないでしょうね。倫理的に。

まとめ

総エントリー数1,603組の第一回M-1グランプリは、今と比べると参加者が少ないと感じるかもしれません。

ですが、他の大会にはないような緊張感があり、漫才に対する真剣さがストレートに伝わってくる大会となっています。

観客のリアクションも適切なので、ストレスなく漫才を楽しむことができるでしょう。

今のM-1を見慣れている方にとっては地味かもしれませんが、この独特の緊張感は第一回大会でしか味わえないものといえますね。